税金

退職金にも税金はかかるんです!


定年退職、転職のため退職、寿退職
など退職金がでる機会は意外とあります。
そんな退職金にも税金はかかるってご存知でしたか?


細かい話はせず、ざっくり制度と税金の金額についてお話しします。

他のサイトとは違って、難しい計算式や、専門用語は一切使いません。
退職金にも税金はかかるんだー、へーくらいの認識でOKです。

それではいきましょう。

 

計算は抜きにして、仕組みはこんな感じです。


本当にざっくりですがすいません笑、ですが、図の通りです。
沢山の退職金が入って、少額税金が引かれ、残ったものが手元にくるイメージです。

退職金というのは、”今までお疲れさま&老後の生活保障に使ってね”という意味であげるお金です。
そのため、税金は安くしてできるだけ手元に残すように優遇されています。
(詳しく知りたい方はこちら→国税庁HP

実際にどれくらい税金がかかるのか、具体例をいくつか用意しました。

大卒~定年退職(60歳)まで働いたケース。
退職金2,500万円→税金55万円 全体のたった2%
退職金2,000万円→税金10万円 全体のたった0.5%

これだけもらっても、わずか全体の数%しか税金は取られません。

2,500万円の給料だと、25%以上税金取られるので、どれだけ退職金が優遇されているかわかりますね。


10年で会社を辞めたケース。
退職金300万円→税金0円 一切税金かかりません!

実は、400万円までは税金0円です!
これだけ大きな金額貰っても非課税なのは、宝くじぐらいでしょうか。

ちなみに、3,5年で辞めてもほとんどが非課税です。

退職金については、平均で全体の数%しか税金はかかりません
給料、年金など他の収入は最大で50%以上取られることを考えると安いですね。

税金の支払いも勤務先が自動でやってくれるので、楽ちんです。

いざと退職するとき不安になるかもしれませんが、たった数%しか税金はかからないと分かれば安心できますね。


知っていれば、未来の計画も立てやすくなり、お金に対して余裕も出てくるはず。

退職金だけでなく、普段から税金の仕組みを勉強しておけば、より金銭的豊かさを得ることが出来ます。

他にも沢山のコラムで節税・節約を中心に、お金の扱い方を取り扱っております。
暇なときに見るだけで、人生変えるチャンスです。
お気に入りにして、たまーに遊びにきていただけると喜びます!

 

https://liberalna.com/taisyoku20190114