お金

【悲報】宝くじを買えば買うほど、夢から遠ざかることが判明。


楽して大金持ちになる唯一の方法ともいえる宝くじ。

実際に高額当選を果たし、文字通り大金持ちになった人も存在します


しかし、殆どの人が、買った分戻ってこないのも事実。
にも関わらず、どうして買ってしまうのでしょうか。
そこには、心理学という魔法がかかっていたのです


気になる宝くじの疑問について、一緒に見ていきましょう。

宝くじを買うほど貧乏になる。


宝くじの期待値は45-50%程度です。
1枚300円の宝くじを買うと、約150円になるということです。


「んん?それってマイナスじゃ」って気が付いた方鋭い!


実は、宝くじは買うだけ損します。


そもそも宝くじの団体は、利益を出さないと運営出来ませんよね。
その利益は、「宝くじから来ている=買う人は損をする」


にも関わらず、多くの人は、「夢が当たる」、「仕事をしなくてもいい」などの甘い言葉につられ買ってしまうのです。


購入すればするほど、夢から遠ざかり貧乏になるとも知らずに・・・


どれだけ1等が非現実的かというと、
1年間に車で事故死を2回起こすよりも低い確率です。
まず、当たらないと思ったほうが良いでしょう。


最近は、インターネットの普及ととも、宝くじは損するだけと認知が広まっています。


そのせいか、10年ほど前に売り上げが1.1兆あったのが、去年は8,000億円を下回り、売り上げ激減と言わざるをえない状況です。


とは言え、年間一人当たり36枚も買っている計算※になるので、まだまだ売れていますね。
※宝くじ1枚300円、労働年齢人口7,500万円全員が均等に買う前提で試算。



追加で話をすると、期待値50%というのは、ギャンブルの類で最も低く、競馬、ボートレースでさえ、70%以上あります(赤字には変わりないですが・・・)


競馬は馬の状態、得意なコースを見て、少しは期待値を変えることができます。
しかし、宝くじは、神社で祈ろうが、買う場所を変えようが、期待値は変わりません。


そんな宝くじがなぜ、いまだに買われ続けるのでしょうか。

なぜ人は宝くじを買うのか。

答えの”一つに夢を買う”があります。

具体的な例を出すと、

・世界一周旅行にいきたい。
・1億円あてて仕事をやめたい。
・ラスベガスにいって豪遊したい。

こんな感じです。一度は誰しもが、妄想はしたことがあるはず。


最近のCMでも、3億円あったら1,000万円の車が30台も買えるなどと謳っているのを目にしますね。


現実逃避とも言いますが、要は当たったらあんなこと、こんなこと、したいなと思って買う人です。



実は、宝くじを買ってしまう理由はもう一つあるんです・・・!!!


答えは行動心理学に隠されています。


人間は、とても小さな確率だと、現実よりも過大評価をする傾向があります
行動経済学ではこれを「確率加重関数」と呼んでいます。


たとえば飛行機は、統計的には車より、はるかに安全なのに、多くの人が怖いと思っています。それは「実際の事故確率よりはるかに高く感じているから」が原因。


この現象を存分に利用したものが、ずばり宝くじ。
1等が当たる確率を極端に低くすることで、実際よりも確率が高いと誤認します。


ギャンブル性の高い商品は、あえて確率を低くすることで、確率以上の過大評価をさせているのです。

最後に


ここまで見れくれたあなたなら、既に宝くじは、買ってはいけないモノだとわかったはず。
お金で手に入る夢なら、コツコツ節約・節税を重ねて、貯めていけばいいんです


最初は難しいかもしれません、時には挫折することもあります。
しかし、地道な積み重ねが、大金を呼び込むのは事実。


当サイトでは、節税・節約などお金の貯め方について、沢山の記事をあげているのでぜひ見ていってください。

一緒にコツコツ頑張れば、宝くじで買える夢が自分の手で手に入るかもしれません。