お金

【悲報】楽天カード利用の積立投資が大改悪!!今後の対処法を徹底解説!

1分でわかる楽天カード利用における投資信託改悪まとめ

①2022年9月以降楽天カードでの投信積立が
還元率1%から0.2%
(信託報酬が0.4%未満の投資信託が対象)

※信託報酬≒維持管理コスト
人気のある投資信託は概ね信託報酬が0.4%未満のため
 大多数が影響を受ける改悪。

②楽天市場でSPU倍率が改悪
2022年4月以降
改悪前:毎月500円以上投信積立でポイント+1倍(%)
改悪後:毎月3万円以上投資積立でポイント+0.5倍(%)
    毎月3万円以上米国株購入でポイント+0.5倍(%)
※1円以上のポイント利用が必要

☞月500円でポイント還元率が1%アップしていたのが
 ポイント倍率を維持するために最低月6万円必要なため
 かなりの改悪と言える。(楽天市場不使用者には影響なし)

改悪に対する対処方法

①楽天カードでの投信積立還元率ダウンへの対処法

1.2022年8月まで楽天カードで投信積立
 2022年9月から楽天キャッシュで投信積立を行えば
 年内は還元率1%キープ可能(改悪の影響ほぼなし)

2.他証券(SBI証券等)への移行
 SBI証券はクレジットカードでの投信積立が可能であり
 還元率は0.5%~3%とカード形態によるが高い。
 そのため、証券口座移行もアリ。(記事なしで詳細あり)

SPUの改悪については対処法なし
 素直に受け入れるべし。。。(記事なしで解説あり)

番外編【これから投資(投信積立)をしたい人は?】
☞これから投資を始める人はSBI証券がオススメ!

こんにちは!
株式投資家のらふです。

相次ぐ改悪に非難轟々の楽天ですが、またもや改悪がありました。。。

楽天に対して、このやろうと言いたいところですが
楽天に文句を言っても仕方ありません。

今回の改悪について、改悪内容及び
どう対処すればよいのか解説していきます。

ケース別に分けて解説しているのでお好きな部分だけ
かいつまんでいただけたら幸いです。

楽天改悪内容について

2022年2月現在では、楽天カードにて投信積立を行うと
積立額の1%ポイント還元されるのに対し、2022年9月以降
0.2%まで還元率がさがります。(※条件あり)

具体的な金額で示すと、月5万円の投信積立で
2022年2月は500ポイント
2022年9月は100ポイント
となります。(※信託報酬0.4%以上の投信は還元率1%のまま)

いわゆる楽天VT、S&P500など
人気あるファンドは概ね信託報酬が0.4%未満
ですから
大きな改悪と言えますね。

なお、ご自身で積み立てているファンドが信託報酬0.4%以上の
場合は影響はありません。(楽天レバレッジNASDAQ-100など)

また、2022年4月より
楽天市場で適用されるSPUというポイントキャンペーンの
一種も同時改悪されます。

内容としては下記のとおりです。

改悪前:毎月500円以上投信積立でポイント+1倍(%)
改悪後:毎月3万円以上投資積立でポイント+0.5倍(%)
    毎月3万円以上米国株購入でポイント+0.5倍(%)
※1円分以上の楽天ポイント利用が必要

 

改悪前は月500円で還元率1%アップだったのが
改悪後は月6万円も積立等をしなければ還元率1%アップに
届かないためかなりの改悪と言えます。


楽天市場を利用されない方は全く影響のない改悪ですが
ふるさと納税等でお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

そういった方々にはかなり影響があると言えますね。

ではどのくらい改悪による影響があるのでしょうか。
みていきましょう。

どの程度影響があるのか

改悪前と改悪後のシミュレーションしてみます。

楽天カードで積立可能な上限5万円で設定。
(※1ポイント=1円として使用できるため円表示)

改悪前:5万円×1%=月500円還元→年間6000円還元

一方で改悪後は還元率が0.2%におちるため
改悪後:5万円×0.2%=月100円還元→年間1200円還元

年間で4800円分のポイント損です。。。

約5千円のポイントがあれば携帯代金や外食費などを賄える金額であり
かなりの痛手です。また、この金額を節約したり、収入で得ようとするならば大変ですよね。

なんだ5千円分のポイントか、と思った方もいるかもしれません。
塵も積もればという格言のように
仮にこのポイントを長期間(30年間5%の福利で)運用すれば
30万円以上結果に差が出るといえばどうでしょうか。

必ずしも毎年5%増えるわけではありませんが
小さなポイント(お金)でもそれだけのポテンシャルを
もっているということです。

今回の改悪は残念ですが、個人的には
今までノーリスクで1%分ポイントを
もらえていたのが奇跡だと思います。

下記にシミュレーションの結果画像を添付しているので
参考にどうぞ。

投信積立で得られたポイントを30年間5%の福利運用をした場合
0.2%還元(月100円)→8.32万円
1%還元(月500円)→41.61万円

毎月100円分のポイントを30年間5%複利で運用したシミュレーション 楽天証券より

毎月500円分のポイントを30年間5%複利で運用したシミュレーション 楽天証券より

次に楽天市場でのSPU改悪についての解説です。

改悪内容のおさらいです。
改悪前:毎月500円以上投信積立でポイント+1倍(%)
改悪後:毎月3万円以上投資積立でポイント+0.5倍(%)
    毎月3万円以上米国株購入でポイント+0.5倍(%)

毎月1万円買い物をしていた場合でシミュレーションします。
(年間の獲得ポイント数で比較)

改悪前:
☞1万円×1%×12か月=1200円

改悪後投信積立を3万円以上行う場合
☞1万円×0.5%×12か月=600円

改悪後楽天積立取りやめ
☞0円(還元なし)

上記のとおり楽天市場にて毎月1万円購入=年間1200ポイント分損失
そこまで大きな改悪ではありません。
がしかし、それ以上金額を使っている方(楽天経済圏者等)
とってはかなりの損失と言えるでしょう。

上記の影響を踏まえて
これから紹介する選択肢のいずれかをオススメします。

改悪に対する対処法

何もしない

間違いなく今回の諸条件変更は改悪と言えます。

後は、改悪における損失をどうみるかです。

例えば、今副業が軌道に乗ってきて
月10万円ほど稼げている人なら

今回の改悪はスルーして損失分以上(5千円)稼いでしまえば
穴埋めはできます。

また、既にセミリタイアを達成し億の資産があるような
人にとっては、痛手ではないかもしれません
(個人的には資産がある人ほどこういった話題に敏感な気がしますが・・・)

それに本記事へ来ていただいたように
常にアンテナを張ることも大切ですが
休養もそれ以上に大切です。

お金は手段であって目的ではありません
幸せを手にするために疲労困憊では本末転倒。

今回の改悪で全員が行動する必要はないので
時間単価・行動による副作用・幸福度等を
勘案しながら何もしないという選択肢も十分にありだと思います。

100点を目指すのではなく80点や70点も
居心地としては良いですね。
(個人的には80点くらいが一番コスパがよいと思っています)

楽天キャッシュを活用

現在楽天証券にてクレカ積立を行っている方が
一番楽に損失を防ぐ方法が楽天キャッシュです。

具体的には
2022年8月まではクレカにて積立を行い
2022年9月以降は楽天キャッシュにて積立を行えば
”年内”は還元率1%をキープできます。

※2022年2月時点では特にやることがないので
本選択肢をとる場合は6月くらいまでほったらかしで大丈夫です。
(カレンダーにリマインドしておきましょう)
☞2022年6月下旬より楽天キャッシュの積立設定開始予定。

残念ながら2023年以降は還元率1%を維持する方法はありません。
(2022年2月時点)

2023年以降は最大で0.5%の還元となります。
より還元率が高い方がいい!という方は今のうちに
SBI証券への移行がよいでしょう。(後述)

楽天キャッシュについて
楽天キャッシュおよびカード積立におけるスケジュール

SBI証券に口座開設&証券移管

最後に紹介するのがSBI証券に口座を開設し証券ごと移管する方法です。
少し面倒にはなってしまいますが一番オススメの方法です。

※今から証券口座を開設する方もSBI証券がオススメ!

 

なぜSBI証券には良いところがたくさんありますが
主に下記の3点でしょう。

SBI証券が優れている3つの理由

1.操作画面が見やすく初心者にも扱いやすい
2.個別株や投資信託の種類が豊富で手数料が安い
3.クレジットカードでの投信積立が可能
☞0.5%~2%と高還元率なのも魅力的

よく楽天やSBI以外の証券口座をオススメしているブロガーや
Youtuber等をみますが、殆どが広告収入目当てといっても
良いでしょう。

楽天・SBI以外の証券口座は操作画面が複雑で玄人向きだったり
手数料が高かったりといずれも初心者向きではありません。

その点、SBI証券は操作も簡単、手数料も業界最安水準なので
安心です。

また、三井住友カードを作れば楽天証券と同様、投資信託を
クレジットカードで購入可能になります。

期間限定でキャンペーンもやっているので
作成がまだの人は確認だけでもしておきましょう。

なお、条件を満たせば年会費無料で1%の還元が受けられるので
楽天よりもかなりお得だと思います。

【キャンペーン中!】三井住友カードを作成する ≫

楽天証券からSBI証券への口座移行については別記事で解説予定です。
3月中には書き終えますのでしばしお待ちください!
(待てない方はYoutubeなどで検索がオススメです!)

ここまで散々SBI証券をほめてきて何ですが
SBI証券も改悪する可能性はゼロではありません。

両者(楽天・SBI)が今後どういった動きをするか
静観しつつ、状況に応じて最善策を取るのがよいでしょう。

※現在楽天改悪の顧客取り込み等行っているため
当分の間は改悪はないと思っています。(個人的感想です)

 

今回の改悪を受けて、移管しないにしても
一つの証券会社のみ保有するのはいざというときに不便です。

証券会社の口座開設は日数がかかりますから
移管しないにせよ今のうちに作っておくといいでしょう。

通常証券会社を移管する(保有している投信や株式を移す)のは
手数料がかかりますが現在SBI証券では移管手数料を負担してくれる
キャンペーン中です。

 

【無料】SBI証券で口座開設する ≫

 

 

今後はSBI証券の時代がくるかも?

楽天は証券会社の改悪だけでなく、銀行の利息引き下げや
SPUポイントの条件悪化など度重なる改悪をここ数年で行っています。

楽天のようにお得なサービスはユーザーに過剰還元しているため
いつかは改悪されるようにできています。

今は楽天証券がメインでもSBI証券や他社証券会社に
いつでも乗り換えられるよう準備はしておきましょう!
(逆もしかり)

何度も言いますが、
口座開設等は時間がかかるので
口座だけでも作っておくのがベストです。
(作りさえすれば後は楽ちんですよ!)

やるのはタダです、やるかやらないかはあなた次第。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました!
みてくれたあなたが少しでも幸せになりますように!
それではまた!

【無料】SBI証券で口座開設する ≫