お金

”最大年間10万円以上”もお得に生活できる楽天経済圏を徹底解説!!!

こんにちは、らふ(@lineralna_blog)です。

突然ですが、「楽天経済圏」という言葉をご存知でしょうか?

ずばり、楽天経済圏とは、
”生活の基盤を楽天に切り替えることを指した造語です。”

 

具体的な例を出すと、
携帯は楽天で契約、買い物は楽天市場、楽天ビューティーサロンで美容院の予約など、楽天を生活の基盤にするといった感じです。


かくいう筆者も、楽天経済圏にどっぷりつかっています笑


そこまでして、楽天にこだわる必要はあるの?と思いますよね。
僕も最初はそう思いました。
なぜこの楽天経済圏が流行っているかというと、物凄いポイントがたまるからです。

 

月500円分?1,000円分?
いやいや、もっと貯まります。
ザックリですが、毎月0.5-1万円くらい、年間5-10万円程度はポイントが貯まるんです!!

10万円あったら、旅行にいったり、美味しいものを沢山食べたり・・・
夢が広がりますよね!

実際、私もつい半年前に楽天経済圏に切り替えましたが、月6千円、半年で3万円分のポイントを獲得しています


おいおい、どうせ裏があるんだろう・・・と思った方。
確かに、楽天市場で買い物をするだけでは対してポイントは貯まりません。


ポイントを沢山貯めるには、日常生活に多くの楽天を取り入れる必要があります

そんなの面倒・・・と思ったならそれは大間違い。
日常生活の一部を楽天に移行するのは結構簡単です。

例えば、スマホを楽天の契約にするなら、一度だけ契約の手続きをするだけ。
後は放置でOK。しかも楽天は携帯料金が格安なため普通にお得。

他にも、普段いく美容室を楽天ビューティー経由で申し込んだり、家の電気を楽天でんきにかえたり・・・


そんな感じで、日常をすこーしずつ楽天の色に染めることによって、沢山のポイントを獲得できるのが楽天経済圏の魅力なんです。しかも、デメリットほぼなしで。

 

楽天経済圏で得するまでの簡単な流れ

いきなり楽天経済圏がどうの・・・と言われても困りますよね。

楽天経済圏をお得に活用するまでの流れは下記のとおりです。

 

1.楽天カードを作る

2.楽天のサービスに加入・使用する

3.楽天市場で買い物をする

1.まずは、楽天経済圏を実現するうえで不可欠な楽天カードの申し込み。
これがないと始まりません。


2.その後に、楽天モバイルや楽天トラベルなど各種楽天のサービスに加入・使用。
還元率をぐっとあげ、ポイントを倍増させるためにやります。


3.そして、醍醐味である楽天市場での買い物。
楽天市場で買い物する時に、ポイントが山ほどたまります
このために、色々な楽天を使いこなす必要があるんです。


なんとなくイメージがわきましたか?
楽天のサービスを利用して、お得にポイントがたまるんだなぁ・・・ぐらいの認識でOKです!


細かいところも順次解説していきますよ~

まずは楽天カードを作ろう

楽天経済圏の恩恵を受けるには、まず楽天カードを作る必要があります。
これを作らないと、全く持って恩恵はありませんので、ご注意ください。

楽天カードにも種類が下記の3種類あります。

・楽天カード(年会費無料)
・楽天ゴールドカード(年会費2,000円+税)
・楽天プレミアムカード(年会費10,000円+税)

違いは主に2つ、年会費と還元率。
他にも、ホテルのラウンジ使えるなどの優待はありますが、ここでは省略します。
☞詳細をしりたい方はこちら


年会費は上記のとおり。
還元率は、楽天カードが+2%、その他は+4%です。
還元率と言っても、楽天市場で商品を購入する時だけ恩恵を受けるので、まずは無料の楽天カードがオススメ


年会費無料なら、楽天が肌に合わなくてもやめれますし、気に入れば続けられる。
更に、有料のゴールドカード等が気になれば、途中で切り替えするといった選択も出来るのが良いですね。


楽天カード公式HP

超絶お得な楽天ポイントの制度

お得、お得と言っているけど、本当にそうなのか気になりますよね。

そこで、楽天のポイント制度について簡単にご紹介します。

楽天の基本還元率は1%(1倍)


楽天が凄いのは、楽天市場で買い物をした時の還元率なんです!!!

例えば、楽天カードでお買い物をした場合
→1%還元

つまり、10,000円分買い物をすれば100円ポイントがつくことになります。

これなら、他のクレジットカードの方でもいいんじゃない?と思いますよね。
本題はここからなんです。

下記表の条件を満たすごとに還元率がどんどん上がっていきます

 

楽天のポイントUP一覧表

楽天カード契約、楽天銀行で引き落とし、楽天モバイルを契約の場合
→2倍+1倍+2倍=5倍となり、基本の還元率1倍+5倍=6倍(6%還元)

つまり、10,000円分買い物をすれば、600円ポイントがつくことになります

他のクレジットカードで6%の還元率は滅多に聞かないと思います。
なんと上記条件を満たせば、楽天はいつでも6%還元!

これでも十分お得なのですが、最大で常時16%の還元率と超太っ腹!
10,000円の買い物で1,600円分ポイントがつき、もはや無双状態。

もちろん、使わないサービスに無理やり入るのは本末転倒。
必要なサービスを使えば大体10%前後常時還元されるイメージです。

 

更に定期的なキャンペーンをやっており、条件を満たせば40%以上の高還元率も!



このように、携帯・カード・でんき・投資などを楽天に移行し還元率UP。
そして、日用品などの買い物を楽天で済ませることにより、ポイントを貯めるのが、楽天経済圏の醍醐味なんです!!

 

注意すべき点は、楽天市場のみポイント還元率が上がるという点です。
例えば楽天モバイルの支払いは、+10倍の条件を満たしていたとしても、1%(基本還元率)です。


必要なサービスのみ利用し、後は楽天市場で日用品購入が一番コスパ良いです。
少しのポイントを得るために、不要なサービスに入るのは本末転倒なので避けましょう。

オススメの楽天サービス

先ほどの表には、沢山のサービスが記載されていました。
どれがいいか良くわからないと思うので一つずつ簡単に解説していきます。

・楽天カード(通常、ゴールド、プレミアム)

楽天経済圏を体感するには、楽天カードが必須です。
即ち、カードはどれかしら作る必要があります。

先ほどの説明しましたが、カードは3種類あり、違いは大きく分けて2つ。

1つ目は年会費。
通常は0円、ゴールドは2,160円、プレミアムは10,800円です。

2つ目は還元率。
通常は+2%、ゴールドとプレミアムは+4%。

年間108,000円以上楽天で買い物をするなら、ゴールドが一番お得です
途中からも切り替えは出来るので、最初は通常の楽天カードが無難。

 

・楽天銀行

これは必須です。無料で口座開設出来るのでやらない理由がない。
楽天カードの申し込みと同時にやっておきましょう。

 

・楽天の保険

基本不要。

 

・楽天でんき

必要、手続きもネットで簡単に出来るのでやっておくべき。

 

・楽天市場アプリ

必須、アプリをインストールして簡単な登録をするだけです。

 

・楽天証券

株をやるなら必須、無理して使う必要はない。

 

・楽天モバイル

スマホを使っているなら乗り換え必須、料金が格安なうえに楽天ポイントもアップするのは神としか言いようがない。
(下記にプランの画像あり、オススメは5GB 2,150円のプラン)

 

・楽天TV、楽天アベニューなど

自分が使うサービスのみ使うのが吉。
無理してお金を使うと本末転倒です。

 

大体全体的に網羅すれば、10倍(10%)前後の還元率にはなると思います

無理して16倍を狙うのではなく、自分に負担がかからない程度で、最大の還元率になるよう選びましょう。

また、一度に手続きすると疲れるので、最初は楽天カード+楽天銀行くらいが気楽です。
楽天が気に入ったら、サービスを追加し、ポイントUPさせる方法もオススメ。


※あくまでもポイントはおまけです。大切な現金を失わないためにも、余計なサービスには入らないようにしましょう。

楽天モバイル料金一覧

実例

実際に私の実例でご紹介します。

まず、加入しているサービスは下記のとおり。

・楽天ゴールドカード(4倍)
・楽天証券(1倍)
・楽天銀行(1倍)
・楽天モバイル(2倍)
・楽天でんき(0.5倍)
・楽天アプリ(0.5倍)

合計で9倍、これに基本の1倍を加え10倍(10%)です。

この状態で下記の出費をすれば、大体年間5-10万円ポイント取得が可能

 

・ふるさと納税分を楽天で済ませる(0.5万~ポイント)
・日用品を楽天で購入(1万~ポイント)
・ポイントアップキャンペーンで買い物(3万~ポイント)

 

更に、楽天で本を買ったり、美容院を予約する人なら基礎ポイントが上がるため、もっと簡単にポイントが付きますね。

 

ポイントは買い物ができるのはもちろん、楽天モバイルの料金を差し引くことが出来るんです!

 

つまり、楽天モバイルを契約して、年5万円分のポイントをもらっていれば、タダで携帯使用できる

意外と大きな出費である携帯代をタダに出来るのは、かなり大きなメリットだと思います。

2019.9.15 追記
ついにポイントで投資も出来るようになった楽天。
ますますお得になる楽天は目が離せません。

楽天経済圏のデメリット

メリットばかりでは、デメリットはないの?と不安になりますよね。
もちろん、デメリットも存在します。

一番のデメリットは、無駄に買い物をする可能性があること

ポイント付与率が高いがために、なんでも楽天で買えばいいやと思ってしまうのがたまに傷。

 もちろん、大抵はそれが一番お得だけど、たまに他社の方が安かったり・・・

ポイントのためではなく、一番安く済む支払い方法が一番ですよね。
私は、商品を買うたびに、アマゾン、ヤフー、楽天で比較して買っています。

また、配送業者によっては、送料がかかります。
アマゾンプライム会員だと結構送料はネックかもしれません。

特段他に大きなデメリットは今のところ感じていません。
もし使っていて感じるようであれば追記します。

楽天経済圏は一度体験すべき

日々、食費を削ったり、交際費を削ったりするのは苦しいですよね。
楽天経済圏は、苦しむことなく、年間万単位での節約が可能です。

家計が苦しい、中々貯金が出来ない、そんな方に楽天経済圏の素晴らしさを実感していただけたらなあと思います。

やるか、やらないかはあなた次第。

最小限の労力で、最大限のポイントを手に入れられる魅力があるのは楽天経済圏だけ。


日常生活を楽天にシフトさせ、お得にポイントをガンガン貯めて、好きな事にお金回しましょう!

楽天カード公式HP