節約

がん保険は不要!その理由お答えします。

 

”2人に1人はがんになる”と言われている日本。

日常会話でも、ガンについてよく耳にしますよね。
そこで、将来のリスクに備えて、がん保険に入る方も多いはず。

そんな世の中で私が言いたいのは”本当にガン保険は必要ですか?”というテーマ。

「なんとなく不安で入った」
「保険屋に勧めてもらい入った
「これから入ろうと思っている」

 

一つでも当てはまる方は絶対に見てください。

何も知らないまま契約する(している)と、一生後悔するかも知れません。

あくまでも金銭面の損得を見ていくので、感情論は捨ててください。

 

 

一生涯でがんにかかる確率

「2人に1人がんになる」は残念ながら、本当です。

国立がん研究センターによると、2014年のデータで、生涯がんにかかる確率は、男性が62%女性が47%との統計が出ています。

ただし、2人に1人というのは、あくまでも”死ぬまでに”がんになる確率。
若いうちに、がんにかかることは、殆どありません。

事実、40歳までにがんになる確率は、男性で1%女性でもわずか2%

つまり、若いうちはリスクが低いため、保険に入るだけ無駄になる可能性が高いと言えます。

「その分保険料が安いのでは?」という質問には、保険料の観点から説明しますのでご安心ください。

現在の年齢から一定期間後がんになる確率

現在の年齢から一定期間後がんになる確率

がん治療にかかる費用

厚生労働省の平成27年度資料から一部抜粋すると、がんの医療費総計は約50-70万円

社会保険、国民健康保険などに加入している方は、原則3割負担になるので、”実質20万円弱の負担”

がん患者の割合が高い、胃がんや大腸がんなども、約20万円ほどの実費で済みます

ガンはお金がかかるというイメージですが、20万円の負担と聞くとどうでしょうか。

頑張って貯金すれば支払える金額ですよね。

実はもっと安くなる可能性あります。

高額療養費制度(※画像参照)です。

沢山負担をさせるのは、かわいそうだから、一定金額超えたら国が負担するよ!って制度。

例えば、年収が350万円の場合
→57,600円が上限の負担になるので、それ以上負担した場合は、かえってきます

がんになった場合も同様です。※食事代や差額ベッド代は自己負担。



※参考文献 厚生労働省 医療給付実態調査(平成27年)  100円未満切り捨てで計算。
がんの罹患数とその順位。
高額療養費制度について

一番安い保険に入っても損をする

先ほど、がんにかかる医療費は平均で実費20万円程度とお話ししました。

では、実際保険に入ったら、いくらかかるのでしょうか試算します。

今回は、最安のSBI証券、20歳加入の年間4,770円を使用。(画像あり)

80歳まで生きると仮定して、60年間保険料を支払います。
→総支払額が”約28万円”

1回がんにかかったとしても、約20万円しかかからないので、もうお分かりの通り保険に入るだけで赤字です。

つまり、格安のがん保険に入っても損をするということです。
もっと高額の補償をつければ、保険料分はとれるという主張もあるでしょう。

それはギャンブルの発想です。

何のために保険に入るのか、考えてください。
元を取るためではなく、がんになったとき、支払いが出来ないのを防ぐためです。


「保険料を払うなら、保険料分お金を貯めて、がんになった時に支払うほうが安い」
というのが結論です。


保険は”不安”だから入るのではなく、いざというとき”お金が足りなくなる”恐れがあると思って入るもの。

しかし、実際に病気になっても、高額療養費制度があるおかげで、殆どの病気が数十万円の範囲内で治療できます。

それなのに、わざわざ高い保険料を支払うのは本末転倒だ、というのが私の主張です。


保険に入れば、お金は出ますが、病気が治りなすくなることはありません。
”保険に入って安心”は保険会社が作った魔法のキーワードです。

騙されないようご注意ください。

20歳、男性 一番格安なプラン
20歳、女性 一番格安なプラン

最後に

がん保険問わず、民間の保険は99%不要だと思っています。
理由は、色々ありますが、一番は”保険料に見合った内容ではない”から。

人それぞれ保険に加入しているかと思いますが、今一度見直して、不要なものはどんどん切り捨てていきましょう!