節税

ふるさと納税でコスパ最強の節税をしよう!

こんにちは、らふ(@liberalna_blog)です。

最近、CMやニュースで”ふるさと納税”という言葉をよく耳にしませんか?
巷では結構話題になっているんです!

なぜここまで話題になっているかと言うと、単純にお得だからです笑


最初に断言しておきます、やらなきゃ損!!!

かくいう筆者も3年前からふるさと納税を初め、合計10万円ほどの節約に繋がっています
10万円節約しようとしたら、並大抵の努力じゃ厳しいですよね。。。
しかし、ふるさと納税なら、いとも簡単に出来ちゃうんです。


税とついているから難しそう、特別な事やるんでしょと思っていませんか?
でも安心してください、めちゃくちゃ簡単にできます

カップ麺にお湯入れるのと大差ないレベルです、本当に。


それだけ簡単なのに、節約の効果は大きいため、ここ数年でみんな挙ってやっているわけです。こういうお得な制度はいずれ無くなりますから、今が恩恵を受けるチャンス!!!

 

どれくらいコスパの良い節税(節約)かって?
ワンコインで本格フレンチが食べられるくらい?コスパ最高です笑

 

とはいえ、いきなりふるさと納税をやってくださいと言われてもよくわからないですよね。
そこはご安心ください、順番に分かりやすく解説いたします。

 

よくある注意点も追記してますので参考にどうぞ!

 

ザックリとしたふるさと納税の仕組み

そもそもふるさと納税って単語聞いても意味わからないですよね。
僕も最初は???でした。


ふるさと納税とは簡単に言うと、下記のとおりです。
「寄付した額から2,000円を除いたすべての金額が、自分の支払う税金(所得税・住民税)から控除され、地元の返礼品も貰えるという制度」


要するに、実質負担2,000円で好きな自治体に寄付ができ、おまけに色んな返礼品を貰えるという制度です!(わからなかったらスルーでOK!)

 

具体的な例を上げるとわかりやすいです。
例えば、50,000円寄付した場合は、48,000円分税金が安くなります。
つまり”実質的な負担は2,000円”だけ。

これに加えて、返礼品も貰えちゃうというお得な制度。
例えば、昨年度の僕で言うと、

5万円寄付してホタテ、肉、みかん、Amazonギフト券等貰いました
4.8万円は税金(所得税・住民税)から引かれるので、実費2,000円で上記商品が貰えたことになります。


めちゃくちゃお得だと思いません???
ふるさと納税の趣旨はさておき、活用しない手はないと思います。

 

因みに貰える返礼品ですが、町中で買えるようなものはほぼ全て手に入ります!
ほぼ全て!しかも、自治体によっては、高級食材やギフトカードなどの金券が対象!


これは心躍りますよね!!

 

実際、5万円寄付すれば、15,000円程度の返礼品が届くので、その時点で実質13,000円儲かってます、リスクもなく、下手な投資より1,000倍効果がありますね。



とは言ったものの、気を付けねばならぬポイントもあります。実は、この制度、自分の収入や、家族構成によって、寄付できる金額に上限があるんです!

上限なく出来たら、みんな全財産投資しちゃいますからね。。。
というわけで、ざっくりした上限額を下記の簡易表にまとめました。


※ふるさと納税の詳しい制度については、総務省のHPをご覧ください。

寄付できるおおよその目安金額

 
例えば年収700万円、専業主婦の奥さんと子供が1人の場合→78,000円までの寄付額であれば、実質2,000円負担で沢山の返礼品がもらえるという見方です。


それ以上の寄付をしても、返礼品は届きますが、税金が安くならず
、お得ではなくなるので注意が必要です。
(年収300万円独身の人が、10万円寄付しても、28,000円しか税金は安くならないので、7,2万円ただの寄付になる)


これを知らずにお得だー!と食いついてクレジット上限までふるさと納税をしたら逆に損です笑、気をつけましょう。


細かく限度額を計算したい方は楽天のふるさと納税限度額シミュレーターがオススメです。

返礼品の選び方

何となくふるさと納税はわかってきましたか?
もし制度自体理解できなくても、手続きさえわかれば全然OK!


次は返礼品選びに参りましょう。


返礼品といっても実に種類が多く、日用品・食べ物・自転車なんかもあります
優柔不断な私は、悩みに悩みを重ね数時間かかりました笑


欲しいものが決まっている人さておき、僕がオススメする返礼品はずばり、日常生活で必ず消費するモノがお勧めです。


日用品は必ず使いますよね。
だからこそ、ふるさと納税で手に入れれば、それを買う分貯金に回せます。
貯金だけでなく投資に回せば、資金効率も加速するので使わない手はないですよね。


後オススメしたいのが、うなぎやメロンなどの高級食材。
たまに食べるうなぎとか最高ですよね、ふるさと納税で食材を手に入れれば実質2,000円負担でそれが可能、普段とは一味違った食卓も良いと思います。


いずれにせよ、お得なのは間違いないのでやらなきゃ損です。


なんとなくの返礼品が決まったら、下記のサイトからちゃちゃっと手続きを済ませましょう。他にも山ほどサイトがあるので正直どこでもいいです笑


というのが普通ですが、お得な情報はここから。
代表的な寄付サイトは下記の2つです。

さとふる・・・豊富な返礼品、人気ランキング、カテゴリ特集などあり。
楽天市場・・・楽天ポイントめちゃ貯まる。超オススメ。


僕は断然楽天市場がオススメです。なぜなら楽天ポイントが沢山たまるから。

普通クレジットカードで買い物をしたら、ポイントは1%くらいですよね。
ところが、楽天は楽天市場で買い物をしたとき10%越えも可能です。


ふるさと納税をする人が、楽天市場を使えば、返礼品だけでなく沢山のポイントをGETできる可能性があるということです。


もちろん、ポイントを沢山GETするためにはいくつかの上限があります。
(例えば、楽天銀行を作るとか)


楽天ポイントの効率的な貯め方は下記記事で解説していますので、興味のある方はぜひ。

因みに僕は5万円のふるさと納税で1万円越えのポイントを獲得しました
返礼品が1.5万円相当なので合計2.5万円。


やるまでは面倒かもしれないけど、それに見合った価値は十分にあるはずです!

手続き等について

 寄付をすればおしまい!!
と行きたいところですが、税金を安くするための手続きが必要です。

因みに手続きと言っても、2ステップで簡単なのでご安心を。

1.商品を選びお金を払う
2.確定申告orワンストップ特定の手続きをする


★給与所得だけの人は、基本的に確定申告はしなくて良し!
→寄付先から送られくる書類を書いて返送すればOK!!!(5自治体までの寄付に限る)

 確定申告が必要な人は、普段から確定申告をする人+6自体以上に寄付をした人だけです。

例えば、会社勤めのサラリーマンが3つの自治体に寄付をした場合は、確定申告必要なし。
それぞれの自治体からくる書類を書けばOKというわけです。

(詳しい手続きや流れは、こちらをご覧ください。)


手続きが終われば後は、返礼品を待つだけ!!!
お疲れ様でした!


寄付から到着まで1か月前後かかりますが、妄想しながら気長に待つと、楽しいですよ笑

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!


紹介したとおり、ふるさと納税はリスクなく確実に節約できる唯一無二の方法です。
特に、所得が多い人はより効果が出るのでこれを気に是非ふるさと納税やってみてください。


当ブログでは他にも節約・節税を中心に記事を書いています。
生活をぐっと楽にする知識や方法を記事にしているので時間があったら是非見てください。
きっとあなたの役に立てると思います。